カプセルQミュージアムのデフォルメ戦車シリーズ第二弾が出るぞ

| コメント(0)


かつてのブームも沈静化し、猫も杓子も海洋堂のガチャって状況では無くなったので、行動領域内で探すのが難しくなったのは残念だけど。これは是非ともチェックをしたいなぁという新作が登場。プルバック方式で動く、デフォルメタイプのドイツ軍の戦車シリーズ第二弾。しかも今回は題材をデフォルメにしてもそれとなく原型に近いタイプのに選りすぐっているようで、あまり違和感が無いんだよね。ホント、旨いんだな、これが。

ヘッツァーはいくぶん「ちんまぃなあ」という感はあるけど、38tとかIII突とかはほとんど元のスタイルと変わらない感じがする。1回400円ってのはちょいと痛いけど、複数回チャレンジしたいところ。38tぐらいは欲しいなあ。


同時期に発売される歌川国芳 猫の立体浮世絵美術館。独特の世界観と躍動感あふれるポーズがステキ。これはいわゆる「買ってどうするねん」「でも欲しいよね」という形の造形。猫好きにはたまらない。特に「鼠よけの猫」は気に入った。御守代わりとして良さそう。

こちらも見かける機会は無いかもしれないけど、運よく巡り合えたら是非ともチャレンジしたいところではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月 4日 06:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「人手不足と会社の質と方法論と」です。

次の記事は「将棋のこまを模したべっこう飴。こんなものが欲しかった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31