食品サンプルを装飾品として使う考え方

| コメント(0)


飲食店などではお馴染みの食品サンプル。最近ではキーホルダー的な形で100均でもよく見かけるようになったので、随分と身近な存在となった気はするのだけど。それを用いたネックレスなるものが。

いや、食品サンプルをネックレスにするってのは間違っちゃいないとは思うのだけど、よりによってなぜマグロの刺身を題材にしたのか、という感は否めない。ドレスコードのあるお店でこれをつけたら、やっぱりパージされてしまうのだろうか。


同じ食品サンプルを使ったカチューシャというか帽子。目立つという意味合いでは最強のアイテムに違いないし、似たような発想でラーメンとか目玉焼きもありそうだな、という印象も。しかし実物を見ればすげぇ、で終わるのだけど、なぜこの発想に至ったのかを考えると、やはり天才は脳の血の巡りが違うのだなあと再認識する次第ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月31日 07:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「半年で朝日新聞の販売部数は14.5万部減りました」です。

次の記事は「セクハラと褒める練習と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31