あっさり少なめなカップヌードル登場。ターゲットは女性やシニア

| コメント(0)
1971年に発売した世界初のカップ麺「カップヌードル」は、多くのお客さまにご愛顧いただいているインスタントラーメンのNo.1ブランドです。今回、女性層やシニア層を主なターゲットにした「あっさり少なめカップヌードル」シリーズを新発売します。


通常の「カップヌードル」と比べ、あっさりとした味わいに仕上げるとともに、内容量を約8割にしました。レギュラーサイズでは多すぎる、でもミニでは足りないという女性やシニアの方々でも、ちょうどいい味とサイズのカップヌードルをお楽しみいただけます。


商品カテゴリの購買層や人口構成比の変化から、高齢層や女性層にもスポットライトがもりもり当てられて商品開発が行われている昨今。しかしここまであからさまにリリースにも記述されているとは思わなかった。がっつりと 「女性層やシニア層を主なターゲットにした」とあるからねえ。

そういや数年前に量が少なめでいいから、スープ的な扱いで食べたいなという需要の増加に応じる形でスープヌードルが登場したのだけど、それが商品ラインアップとしてそのまま残った上で、ここまでパッケージにも「あっさり少なめ」とアピールした商品が登場するってことは、さらに需要の上で極端な「少量・塩分ひかえめ」を望む声が強くなったってことなのかな。


もっとも指摘の通り、どでかいタイプの商品も相変わらず多数登場している。つまりは需要層の多様化、薄く広くってことになりつつあるんだろうなあ、と考えれば道理は通る次第ではある。まぁ、その分ヒット商品が生まれにくくなるので、作り手側としては難儀する話ではあるのだけど。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月27日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「言葉は通じるのに話が通じない」この奇妙な恐ろしさはどこにでも転がっている」です。

次の記事は「カントリーマアムがアイスになった。しかもバニラとココアが1本で楽しめる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31