厚切りベーコンでスパイシーなカラムーチョとか至極じゃん

| コメント(0)
株式会社湖池屋(本社:東京都板橋区/社長:佐藤章)は、1984年の発売より30年以上の歴史を重ねる辛味スナックの代表的ロングセラーブランド「カラムーチョ」より、「カラムーチョ 厚切りベーコンペッパー」を2018年3月26日(月)より全国コンビニエンスストアにて発売いたします。ザクザクした食感が楽しめる厚切りのチップスに、ベーコンの濃厚な旨みやスモーク感、ブラックペッパーの辛味を合わせることで、ジューシーに焼き上げた厚切りベーコンを食べているかのような、食べ応えのある味わいをポテトチップスで表現しました。


厚切りベーコンに胡椒を存分にふりかけ、添え物のポテトと共にいただくとか、アメリカンなリッチさというかカロリーが大変だよねという感がある旨味。それをポテチでいちどきに楽しめるとか、なんという合理的スナックなんだろう。

カラムーチョって確か唐辛子系の辛みがベースのはずだよなあという感があるのだけど説明によると「「カラムーチョ」ブランドならではの"辛くておいしい"味わいを、"厚切りザクザク食感"のポテトチップスで楽しめる」ということなので、辛ければ何でもいいってことらしい。ってことは胡椒だけじゃなくてマスタードでもワサビでも玉ねぎでも何でもありってことか、これは最強(いくつかはすでに出ているような)。

パッケージビジュアルだけを見ても、その旨味は容易に想像ができる。問題はその味そのもののの再現性。「ザクザクした食感が楽しめる厚切りのチップスに、ベーコンの濃厚な旨みやスモーク感、ブラックペッパーの辛味を合わせる」ということ、要は香辛料などでベーコンと胡椒の味わいを加味させたってことだよね。どこまでそんな魔法みたいなことができるんだろう、それができるのなら香辛料単体で売り出して「ベーコンペッパーソルト」的な名前で売り出した方がいいのでは、とかいう贅沢なことも考えたりする。

ともあれ、発売は来週頭から。コンビニ限定ということなので、ちょいとチェックしてみようかな、と。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月24日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ハーゲンダッツの新作はマンゴープリン」です。

次の記事は「「米国でCD/レコードの売上げがダウンロード販売を上回る」ってええ!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31