同人誌は存在しているだけでありがたい存在。資料もまたしかり

| コメント(0)


同人誌の価格設定の話が出てくると必ず主張されている考え方が「価格など二の次。存在しているだけで至極の存在に違いない。だから作り手が勝手に設定すればいいし、お高めそうに見えてもむしろ取引の手間を省ける金額の方がよい」というもの。通販などでの販売ならともかく、直取引なら300円とか700円といった半端な額よりも、500円とか1000円の方がよい。色々と都合があるのなら2000円だろうと5000円だろうと買う人は買う。そこにそれがあるからだ。まぁ、インゴット1キロとかいう話なれば別だけど。


辞書とか資料も似たようなもの。自分の目に留まり、これが欲しいと思ったら、まずは手に取りレジに持っていく。価格で云々して悩んでいたら、その場で買わなかったら、二度と手に入らないかもしれない。流通が普通に行われている一般商業誌ならともかく、辞書や資料の類、そして趣味のあれこれもまた、手に入るか否かが最優先事項。まさにゼロ一の世界。

以前取り上げた「価格で悩んでいるのなら買え、価格で買いたいと思っているのなら買うな」と同じような話だね。まぁ、実際にはゼロ一ではなく、価格は影響を与えるパラメータの一つであるけど、必要か否かとか欲しいか否か、手に入るか否かのパラメータと比較すれば、ほんの些細な影響しか与えていないというところかな。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月22日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「お試し読みはサムネイルでの一覧もできるといいな」です。

次の記事は「ツイッターの投票は人気投票以上のものでは無く、意識調査的なものとしては使い難い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31