ネックウォーマーとレギンスのおかげで冬場の寝不足や喘息から解消されました

| コメント(0)


昨年の秋口あたりに何度か言及した、毎年冬になると夜になるに連れて咳、さらには喘息症状が出るようになり、寝ている時にもたびたび咳込みで起きてしまう症状。ほこりやダニ、喘息の再発など色々な可能性があるとして一つ一つ潰していったけどいずれも関係が無く、昨年秋に「首が冷えるとマズい」「首にマフラーみたいなものをつけると良い」との話から、色々と探したところネックウォーマーなる便利なものがあると知り、早速実装。

冬場はほぼ自宅にいる時にはほぼ終日、これをつける形となった。ついでにレギンス(洋風股引とでも表現すればいいのかな)も見つけたのでそれも装着。おまけに外回りの際にはほぼ必ずマフラーをつける形に。

完全な因果関係までは立証しようがないのだけど、少なくともこれらを装着した今冬は、これまで随分と悩まされてきた夜の咳、喘息症状はほぼ皆無。これだけでも睡眠不足や体力の減少から随分と開放されたことになる。なんで今までこれを知ることができなかったのかと悔やむとともに、出会いには大いに感謝。来年以降も大いに活用したいし、同じような症状で悩まされている人は、もしかしたら当方と同じ原因による可能性があるとして、覚え書きをしておきたい。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月19日 06:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「放送法「政治的公平条文」撤廃に放送業界が反対するのは不思議だな」です。

次の記事は「パチパチ! ブラックサンダー コーラ 実食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31