ローソンで朝一スマホ注文、夜前受け取りのサービス

| コメント(0)
株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、朝8時までに予約し18時以降店舗で購入できる新しいローソン型ラストワンマイル「ローソン フレッシュ ピック」を、3月6日(火)より、東京都世田谷区、渋谷区、神奈川県川崎市、横浜市の一部地域(約200店舗)で開始いたします。


「ローソン フレッシュ ピック」での取り扱い商品は、野菜や果物など青果、豆腐や納豆など日配食品、調味料など食品のみ合計約500種類となります。食材と調味料などがセットになったミールキットが約20種類と豊富で、さらに成城石井などスーパーや専門店の商品の取扱いも行います


朝一でスマホにて予約...というか注文して、18時以降に指定店舗での商品の購入受け取り。予約というけど、これって要はアマゾンのその日受け取り便というか即日販売というかパントリーやらバーチャルダッシュを店舗縛りでやるようなものだよね。

受け取りが18時以降となると、その商品を持ち帰って自宅に到着するのが、早くても18時半とか19時。と、なると、そこから買ってきた食材を調理するってのは時間的にちょいと遅くにずれ込んでしまうので、多分に中食の調達がメインになるのかな、という気がする。あるいはちょいと調理するだけで済むセット商品。

お店側のメリットとしては確実にさばける商品の注文を取れる、需要の読み間違いによる商品の売れ残りリスクを避けられる(特に消費期限のある食品系)ってのが大きい気がする。まぁ、ここまでやるんだったらさらに一歩推し進めて「おすすめメニューセット」をスマホで提供して、それをオーダーすれば夕方以降にセットそのものを購入できるっていう、店長のおすすめメニュー的なスタイルってのもアリかと思う。

日頃の注文履歴から色々と勘案して、好き嫌いを精査したり不足しそうなあれこれをサポートできるようにするとか、ね。普段の食事の管理プログラムと連動させると、面白い事になるかも。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月 7日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ダイドーの缶コーヒーのおまけにルパン三世登場」です。

次の記事は「米国の脅威は北朝鮮の核開発とサイバーテロ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30