写真を撮るなら動画をとっておいた方がよい

| コメント(0)


昨今のスマホのカメラやデジカメは手振れ補正機能もかなりしっかりとしてきたので、さほど心配はいらない気もするのだけど、それでもやはり焦っていたり油断をしていると、しっかりと撮ったつもりでもブツを見てみたらボケまくっていたってことは結構ある話。だったら最初から動画でずっとカメラを回しておいて、動画から必要な部分を止め絵として取得した方が失敗することは少ないよね、という指摘。

ボケ写真を撮ってしまい頭を抱えることが多い人(当方含む)にとっては、痛いほどよく分かる話。昔のように写真を撮るたびに現像料が必要になるとかいう時代ではないので、金銭的なダメージはないのだけど、その瞬間でしか取得できないシーンを確実に得るためには、やはり保険はかけておいた方がよい。

カメラの機能も上がっているので、動画で撮った絵を再生したとしても、画素が低くて使い物にならないってケースもさほど無い。まぁ、連射で撮ってしまえば全部ぶれるってことも無い、と思いたいけどね。「危うかったら動画」は覚えておくといいかもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月 5日 06:33に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ポジティブな行動は習慣化してきたいもの」です。

次の記事は「「man」は差別的だから「person」を使えという話をネタとして」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31