東京都の国保保険料がもりもり上がる件

| コメント(0)
東京都は国民健康保険(国保)で市区町村別に算定した2018年度の標準保険料をまとめた。都内平均で1人当たり年間14万8916円と、16年度に比べ26%上昇。ほぼ全市区町村で増える計算で、最大で6割近く上がる自治体もある。各市区町村は加入者の急激な負担増を避けるため、今後数年かけて段階的に引き上げる見通しだ。

元記事のサブタイトルが随分と首を傾げるものだったり、タイトルも扇動的な感はあるけど、高齢者の急増に伴う社会保障費の増加は、何も都に限った話じゃない。


一次資料はこちらの都の公式発表。書かれている通り「平成30年度の1人当たり保険料額は、法定外一般会計繰入を行わないものと仮定して算定した額であり、実際の保険料(税)額とは異なります」とあるので、あくまでも今件は基準値以上のものではない。

「2年間で26%増」と切り取られて伝えられるとびっくりするけど、その背景には何があるのか、過去からの動向との比較はという見方も大切だとは思うのだけど......これはこれで時間がかかりそう。時系列的なデータは無いのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年2月22日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「米国では完全自動運転の自動車には否定的との調査結果」です。

次の記事は「日本の音楽が注目を集めるようになった理由の一つはこれか、という話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31