オリンピックの号外をオークションで買う必要は無いよ

| コメント(0)
フィギュアスケートの羽生結弦選手が金メダルを獲得したことを受けて、2月17日に新聞各紙が号外を発行しましたが、メルカリなどのフリマサイトやヤフオク!などのオークションサイトで転売が相次いでいます。1000円を超える出品も。

利用ハードルが低いからだろうけど、メルカリをはじめとしたオークションサイトでオリンピックの号外が販売されるという事案が相次いでいる。元手もほとんどかからないし別にいいじゃんという感なのだろうけど、見ていてあまり気持ちのよいモノではないし、下衆な感は強い。


昔ならともかく今ではネットで容易に手に入る。紙のが欲しいのなら郵送で取り寄せもできるし、データをプリントしたり、コンビニで出力しても良い。オークションサイトでやり取りするよりも安価でリスクも低く確実に取得できる。

まぁ、ただ、メルカリの利用者などは、それをインフラ的に認識していて、他の手段を使うことにまで頭が回らないのだろうなあ、というのも理解はできる。納得はできないけどね。一元化することの怖さを改めて思い知る次第ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年2月19日 06:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「シェアの気持ちと権利の境界線と報道の定義」です。

次の記事は「いらすとやさんがフィギュア化される時代」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31