インチキ「報道」と発信元の明記

| コメント(0)


タブロイド紙や大衆雑誌のネタ記事としてならともかく、ポータルサイトにニュースの一環としてこの類の話を掲載するのはどうなのよ、的なものが最近目につきやすくなった。こんな話もその一つ。おおもとの書き手は「そういう話があるから」という姿勢なのだろうけど、読み手側はその意図のプラットフォームをしっかりと確認できないと、その内容が事実であり信じるに値するものと読み取ってしまう。教科書に先生の妄想が書き込まれているようなものだ。

で、今件記事の発信ルートをたどると、MSNが提携しているAERA.dotから自動転送してきたもので、そのAERA.dotは週刊朝日の記事を掲載していたという流れ。まさにロンダリング的なルートではある。

以前から何度も指摘しているのだけど、この類の転送記事で困るのは、記事タイトルや本文を読んでいる間は、その記事がどこ発信なのかが分からないという事。今件ならばMSNが発信したと考えるのがごく普通ではある。けど実際は週刊朝日。

ウェブ上の記事でソーシャルメディアボタンを使ってツイートすると、どこ発信かが記載されないことがある。されてもそのサイトそのものの名前が出てしまい、今件ならばAERA.dotとか週刊朝日の類は出てこない。すると、ソーシャルメディアで紹介された時点では一次ソースが分からなくなる。これは非常にマズい。

今後は気を付けていくということで、極力一次ソースがどこかを記載していきたいものだ。今件ならばAERA.dot...ですらなく週刊朝日、というところかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年2月15日 07:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「愛こそ大事」が88%...米国の結婚観」です。

次の記事は「炎上商法とマッチポンプと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31