恵方巻はそのまま食べるか切って食べるか

| コメント(0)


恵方巻話をもう一つ。恵方巻は風習として特定方向を向いたまましゃべらずにそのまま一本を食べ切るべし、とされている。まぁ、この類のは科学的根拠は皆無だし、慣習の類は樹の流れと共に変わっていくしねつ造やら変化はしていくものだけど。

で、この一本丸ごとくわえて食べるってのが、実はリスクが高かったりする。いや、ちょっと想像すりゃ分かりそうなものだけど。海苔で巻いているのだからなおさら。下手するとこんにゃく系ゼリーやお餅などよりリスクは高い。さすがに恵方巻に関わるその辺のリスクの検証データは見つからなかったけど。

そこで、恵方巻は切って普通の海苔巻きのようにして食べるべきではとの話。それだと恵方巻の慣習に合致しないじゃないかとのツッコミもあるだろうけど、生命リスクを考えるとこのダジャレ、つまり海苔を切ることで乗り切るってこじつけでクリアしちゃえばいいような。無論、歴史的背景やらとは反しているけど、まさにノリでやっちゃおう、的な。慣習の事実とは異なるけど、こういうノリで解釈するのもありだよね、安全だしと把握できていればそれでOK。


伝統のねつ造......というツッコミもされるだろう。ただ、それで窒息してしまったのではみもふたもない。伝統なるモノを理解した上で、よりリスクを低める手法を適用するってのが、賢い生き方なのだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年2月 5日 06:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「恵方巻と新聞の押し紙と」です。

次の記事は「食器の片付けとかが面倒くさいのでダイソーのクリアパックを大重宝」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31