カップ焼きそばの湯切りってダムの放流に似てるよね、じゃあもっとそうしちゃおう的な

| コメント(0)
日清食品株式会社(社長:安藤 徳隆)は、「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート 月山(がっさん)ダム」「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート 小渋(こしぶ)ダム」「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート苫田(とまた)ダム」を、1月29日(月)午前11時より日清食品グループ オンラインストア限定で販売します。


カップ焼そばを作る際の"湯切り"がダムの放流に似ていることから、弊社は「日清焼そばU.F.O.どこでもダム化計画」と銘打ち、「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート」を制作しました。


要はカップ焼きそばを作る時にお湯をカップから出す、湯切りする時の情景が、ダムが放流する時の情景に似ているので、それっぽいフタを作ってしまおうというだけの話。指摘されれば確かに似ているってのには間違いないのだけど、その思い付きを体現化するってのは、やはり日清が色々な意味で好調なのだろうなあ、と認識させてくれる。

これって今回は3種類のダムが選択されているけど、コラボネタとしてはいくらでもダムをチョイスできるよね。例のダムカードがおまけにつきますとかいう形でさらなるコラボも考えられるだろうし(国土交通省とのコラボとかになったら最強だな......と思ったら、すでに国土交通省から協力得てるな、これ)。


ダム的湯切りをしたところで味がさらに良くなるっていうわけではない。でも雰囲気的にはスペシャル面白いし、湯切りもさらに楽しくなるよね。

...なんか未来の飛行機のエンジンというか、排気口にも見えてきたのだけど、今度は円盤型的なデザインってのはどうかな?

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月30日 06:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「作家と編集者とソーシャルメディアと」です。

次の記事は「「とりあえず抹茶」的なお菓子たち、でも美味しそうだからアリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31