ガソリン価格が上昇中

| コメント(0)
レギュラーガソリンの小売り価格は、全国の平均で1リットル当たり141.9円と2年半ぶりの高値の水準となり、年が明けてもガソリンの値上がり傾向が続いています。これは、OPEC=石油輸出国機構の加盟国と非加盟の産油国が協調して減産を続けていることを背景に、原油価格の上昇が続いているためです。


今後の見通しについて石油情報センターは「イランで起きた反政府デモによる中東情勢への懸念や、アメリカでの記録的な寒波による石油需要の拡大から、さらに原油価格が上昇していて、来週のガソリン価格も値上がりしそうだ」と話しています。


本家サイトで月一で更新しているガソリン価格や原油価格の記事でも、前月時点で産油国間の生産調整が継続されたことを受けて価格が上昇していることを述べている。今月に入ってからさらに上昇が続いているのだなあ、というのが実情。

でもある程度の高値に達すると米国のシェールオイルがもりもり採掘されるので頭を押さえらるはずだけど、と思ったらその米国で寒波が発生して石油需要が高まっているから、米国の生産も打ち消されるとの思惑があるからなのか、と納得。また中東情勢がイラン周りで色々とネガティブな方向にあるのも影響しているらしい。IS関連が沈静化しはじめたと思ったら、この始末とはねえ。

まぁ、そうなると恐らくは春先ぐらいまではこの状況が続くと考えた方が道理は通る。ガソリン価格が注目されているけど、この時期は同時に灯油価格も要注意。暖房には欠かせない存在だからねえ。また、これがきっかけでさらにお野菜なども上がるし、景況感も足を引っ張られるのだろうなあと思うと頭が痛い話ではある。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月12日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「油ものを焼いたり揚げたりする時のステキナイスアイテム「オイルスクリーン」」です。

次の記事は「計画と現実は別物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30