まんがタイムきららキャラット2018年3月号 読了

| コメント(0)
↑ まんがタイムきららキャラット2018年3月号
↑ まんがタイムきららキャラット2018年3月号


表紙は「アニマエール」。アニメ化決定ということで大プッシュ状態......だけど、正直なところまったくのノーチェック。まさにアイェェェ!?状態。カラーページではブレンドSの某嬢の1/8フィギュア決定のお話。

■アニマエール!......アニメ化決定ということで巻頭カラー。バイト先が喫茶店なので、それで「ブレンド・S」からのつながりがあってアニメ化かな、という感も。
■ブレンド・S......新キャラが随分とくせが強いこともあり、波乱の予感と思っていたら、さらに関連人物が。って、あれ? この人女性だったんだ。
■mono......前号でミラクから移籍してきたと思ったら、いきなり「ゆるキャン」とのコラボ企画。漫画の中で他の漫画というかアニメの聖地を巡業というのは面白い発想かも。
■NEW GAME!......サイズ披露大会が扉絵。部活動とは違うけど、そういう感じのオリジナル作成。まぁ、本業に影響を与えたらアウトだけどね。
■ひだまりスケッチ......今回は6ページ。横潰れ顔のパターンが多い感。季節が夏なので残暑見舞いがテーマ。リアルの季節とまったく正反対。
■まちカドまぞく......2本立て。エネルギー回復のための泉探検とG退治。っていうか考え方を変えればすぐに排除できるような気もするのだけど。
■キルミーベイベー......今人気のサバイバルゲームって、サバイバルちゃうやん、いや合ってるけど。そしていつものオチで終了。
■正義ノ花道......ヒーローのエネルギー消費過多でトラブル発生。そして悪の組織側的な生徒会に複数の新キャラが。なんだか中堅幹部っぽい性格付け。


目次に書いてないけど「異なる次元の管理人さん」は休載。次号は表紙&巻頭カラーと予告にあるので「ひだまり」は大丈夫、のはず。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月27日 14:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「報道の常識は世間の非常識」と仲間意識と」です。

次の記事は「ダイソーのハンディシーラー取得」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31