将棋セットが入っている雑誌が大売れしているとの話

| コメント(0)
創刊60年の老舗婦人誌「家庭画報」(世界文化社)が12月発売の1月号で初めて「将棋」を特集し、初心者向けの紙の将棋盤・駒セットを付録にしたところ、書店で完売が続出するなど売れ行きが好調だという。公式戦最多29連勝を達成した最年少棋士、藤井聡太四段(15)の鮮烈デビューや、「ひふみん」こと加藤一二三(ひふみ)九段(77)のユニークなキャラクターにお茶の間がくぎ付けになった2017年。同誌の主な読者層である、生活にゆとりのある中高年マダムにも、空前の将棋ブームは確実に波及しているようだ。

確かに家庭画報はシニア婦人向けの雑誌だろうけど、今号を中高年マダムが購入したという証はどこにもないだろうに......というツッコミをしておきながら。一方で将棋のセットが雑誌の付録についているというのは興味深い話。まぁ、マグネットの駒と鉄製の将棋盤の組み合わせという、旅行者向けの将棋セットがお値打ちで発売されているぐらいだから、コストはさほど高く無いし、良い発想には違いないのだけど......ってあれか、次はオセロとか囲碁はどうだろうか、という話になるのかな。


一応アマゾンでも確認したけど、コメントはむしろ宇野昌磨氏の特別両面ポスターの方ばかり。雑誌の売れ行きが良いってのも実はそちら目当てだったのでは、とか野暮なツッコミをしてみたりもする。

まぁ、将棋そのものへのリアクションも編集部には届いていたのだろうし、悪い話では無い。マジで次には囲碁とかオセロとかも付録につけてみてもいいんじゃないかな、と。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月31日 06:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「イオンでレゴの福袋を確認、したのだけど」です。

次の記事は「「Fireタブレットを2点まとめて買うと合計金額より最大4000円OFF」とかアマゾントップで載っていたけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30