免許返納と代わりにもらえる運転経歴証明書と

| コメント(0)


高齢者の運転トラブルが社会問題化する昨今において、結構重要なお話。免許証は身分証明書になるから、返納しちゃうと社会的な手続きが大変になる、顔写真の入った公的証明書が無くなるからイヤだというケースに対し、制度として設けられているのが運転経歴証明書。要は運転免許証と同じような公的証明書として使えるアイテムが、免許証を返納するともらえるというものなのだけど、あまり知られていないのが実情。


運転経歴証明書に差し替えるタイミングが微妙だったり、運転経歴証明書で受けられるサービスが自治体によって異なるので「あれができる」「これがもらえる」というのを明言することはできないのだけど、少なくとも公的証明書としては利用は可能。

他方「でも自動車が運転できないことに違いは無い。バスが通っていない場所とか、タクシーチケットがもらえない自治体もあるから、移動には苦労する」という意見もある。それは自治体側の努力に期待するしかない......

......というのと共に、そのような状況になったら、タクシーなりを使わなくても良い場所に引っ越すのが寛容だと思うのだけどね。病気と同じで、通院できないような状態だったら入院するよね、という感覚なんだよね。身体的な変化によって現状が許容できないようになったら、許容できる環境に自分をシフトさせていくしかない。それをしたくないのなら、相応のリソースを提供するしかないのだよね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月27日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Amazonアウトレットで中古品のレゴを購入してみました」です。

次の記事は「年賀状は営業ツール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31