Amazonアウトレットで中古品のレゴを購入してみました

| コメント(0)


以前紹介したアマゾンアウトレット。商品の取り扱いの際に破損してしまったり、返品されたもののうち、商品そのものの内部的価値には問題が無いものの、新品として再出荷するのが不可能となった状態の商品を、中古品としてアマゾン自身が出品する仕組み。そのアマゾンアウトレットで目をつけていたレゴが出ていたので、どのような塩梅なのだろうかという実験君的な意味合いも兼ねて注文。

ぱっと見で大きな違いは「検品済」というシールが貼られている事。要はアマゾン側で変なものでは無いとのチェックが入っているという証。まぁ、問題があるようならさくっと返品すれば良いまでの話ではあるし。


で、結果としてはなるほど、これがアマゾンアウトレットの正体かと納得させられた次第。コンディションの説明からは箱にへこみなどがあるとのことだけど、確かにいくつかのへこみやらかすれが確認できた。新品として提供されると激おこな人もいるだろうけど、当方はあまり構わないけどなあ、というレベルのもの。

他方「適切な外装に入れ替えられています」ってのは箱そのものを入れ替えたわけじゃなくて、へこんだ箱をさらにくるむ形で新たに袋詰めされていた次第。ただこの袋が、送付されてきた箱の土台とくっ付いていて、剥がすのが大変だった(笑)。

気になる開封の是非だけど、商品そのものは未開封。封印シールはつけられたまま。中身の差し替えとかはあり得ない状態。

アウトレット品だから見つけられたらラッキーレベルのモノだけど(アマゾンの規模でもそうちょくちょく出てくるわけじゃない)、あったらチェックを入れてもいいかな、と思わせるぐらいの良い買い物だったというのが、正直な感想ではある。少なくともレゴの場合、肝心なのは中身だからねえ。まぁ、マーケットプレイス提示の「中古品」の場合、中身が揃っていなくても出品されているってのも結構あるので、そちらとごちゃ混ぜにしちゃうとリスキーだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月27日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「仕事の始めにはルーチンワーク系作業を」です。

次の記事は「免許返納と代わりにもらえる運転経歴証明書と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31