来年こそは歴史的データをデジタルに起こしたい

| コメント(1)


去年も似たような話をした記憶もあるのだけど。昔の仕事とか趣味で録画・取得した色々なビデオテープや、デジカメの撮影データのMOやフロッピーディスクが、未だに山積みになっている。いや、その他に大量の紙媒体資料もあるのだけど。

これらは手元にあるけど披露がほとんどできず、価値は相応にあるのだろうけど、それを体現化することが叶わない状態。デジタルデータ化をすれば、色々と応用が可能なのだけど......昔のゲームの販促用映像とか、ゲーム関連のイベントやら街並みの写真とか。

紙媒体はスキャンをするのが頭を抱えそうな労力になるのは容易に想像できるので後回しにするとしても、MOやフロッピーディスクはどうにかデータに起こしたいところではある。でも再生用のハードが手元にないんだよねえ、これが。お正月には時間をとって、アマゾンで再生機を探してみようかな。USB接続で現行のパソコンに接続できるのってあるのだろうか。

他方、価値化するってどうやって、というのもある。インスタグラムにアカウントを新規に作ってアップすればいいのかな。あるいは専用ブログで展開するとか。静止画も動画のようにしてまとめてYouTubeにアップするってのもありなのかもしれないなあ。

            

コメント(1)

旧メディア媒体からDVD-Rに変換してくれる業者がたくさんあるのでそれに頼ってみるのもいいかもしれませんね。それなりに費用が掛かる物のハード購入や手間を考えたら業者に頼んだ方が明らかに楽ですし。とりあえず一例として。 http://www.dospara.co.jp/service/share.php?contents=media-convert

コメントする

            

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月25日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「エンタメ作品の本筋は「楽しんでもらうこと」」です。

次の記事は「報道規制とその解除と規制破りと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30