海賊版の漫画への賠償額の算出方法

| コメント(0)


違法アップロードサイトを突き詰めて示談の条件とは...じゃなくて示談を成立させたよもやま話。そのプロセスなどは本文を参照してもらうとして。気になったのは「正規のダウンロード印税より(海賊サイトから得た)その分配金の方が高額だった」という話。印象としては「実本を購入する人よりもダウンロードして読む人の方が多かったのか」ということなんだけど......。

一歩引いて読み直すと、色々と考えさせられる話ではある。


ツイートで大体語っているけど、賠償金は多分に「ダウンロード数×実本の定価」で算出されたものだろう。けれど、仮に無料かそれに等しい対価でダウンロードして読んでいた人が、その手段が無くて実本を定価で買うしか選択肢が無かった場合、その実本を買うという選択をしただろうか。そう考えると、「ダウンロード数×実本の定価」をそのまま機会損失の賠償額として提示するのは、やや無理があるかもしれない。

他方、「実本を盗んで無料で配ったという犯罪が生じて犯人が捕まったら、少なくとも盗んだ本の実額面は賠償しろ」という話は正論ではある。その場合、無料で無くてもその本を手にしたか否かということは関係が無くなるから。この辺り、物理的媒体とコピーが容易なデジタル媒体との違いが出ていて、ややこしい話ではある。

何らかの形で無作為抽出型のアンケートを取り、従来対価が存在するコンテンツを無料で取得できるとした場合、それを取得するか、そして無料で取得できなかった場合それを対価を支払って買うかというケースでのデータを取り、その係数を用いるべきなのかもしれない。これの逆のパターンが、最初は無料で公開して、後で無料公開分をクローズして有料配布するというものかな。ウェブ漫画ではよくあるケース。

まぁ、請求する側、つまり被害者側としては、計算も簡単だし懲罰的な意味合いも含め、単純に「ダウンロード数×実本の定価」とするのが一番簡単なのだろうなあ、と。そのようにしておけば、サイト運営側は広告収入を得るために流行らせれば流行らせるほど、リスクも大きくなるので歯止めにはなるし。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月24日 06:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「年末年始に特に注意なお餅とお風呂」です。

次の記事は「のど飴などの効用と注意事項」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31