フリーとか読みやすいとかフォントの色々なお話

| コメント(0)


当方は絵や漫画を描くタチではないし、企画書の類もほとんど作らないから、プリンターもあまり使う機会が無い。フォントに関しても合成の絵をネタ的に作る時にちょいと使う程度で、それもフォントの様式はあまり気にしていない。まぁ、シン・ゴジラ的なものとか、海外のネタ字の時には決まったフォントを使うことぐらい。

でも出力が不可欠な人には、やはりフォントのレパートリーは多い方がよい。仕立て屋の生地のストックみたいなものだ。で、そのフォントのフリー版を集めた記事がこれ。覚え書きとして知っておくといいかなあ、って。

ただ、片っ端からフォントを組み込んでしまうと、システム自身が重たくなるし、ハードディスクの領域のやりくりが大変になってしまう。


「漫画で使われている「漢字だけゴシック、ほかは明朝」というのは合成フォント」というのは、恥ずかしながら今初めて知った。なるほど、そういう名前だったのね、と。確かに言われてみれば、可読性が高くて閲読の上では便利かもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月23日 07:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「海外のこれがスゴイ、だから日本はダメだ」というお話とその裏側と」です。

次の記事は「人は環境に慣れざるを得ない、でも想いや経験は心に刻まれる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31