エコロジーの実情を端的に表すと

| コメント(0)


エコロジーは地球に優しい、コストはかかるかもしれないけど安心で安全、だから今のエネルギーはなぎ倒してエコロジー化すべきだ......という、過激なエコロジストが一種のモラハラ、ポリコレ的な棍棒を振り回す風潮がある。エコなら何でもあり、免罪符状態。

しかしながら太陽光発電の実情を見れば分かる通り、現状ではその実態の多くがエセなエコだったり、見た目だけのエコだったりして、実情はエゴロジーでしかなかったりする。それを比ゆ的に再現したのがこの一枚。確かにこれならエコロジーに見えてアピールはできるけど、よく考えてみたらエコでも何でもないじゃん的な。けれど現在のエコロジーって、少なからずは事実上これだよね。見えない部分で「エコロジー」化する以上の環境負荷を生じさせ、エネルギーを浪費しているし、リスクも積み増ししている。

他人にアピールして自己満足、さらには懐を温めるための詭弁の手法としてエコロジーが使われているに過ぎない。


ちなみに写真の方法はあくまでもネタ。実際にやったら大事になりかねないので真似をしてはいけません。......って現状のエコロジーもそういうものが結構あるのだろうな。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月21日 07:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ゆうパックの遅延状態と宅配業者の価格適正化と」です。

次の記事は「電気自動車(EV)は万能という風潮があるけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31