趣味な商品が「新品同様未開封、でも中古品扱い」として出品されているのを見ると

| コメント(0)


ツイッターなどのソーシャルメディアで情報が容易に取得できるようになると、時折趣味な人が亡くなったり引っ越しをしたり諸般の事情でコレクターアイテムを手放すことになり、大安売りされていたり引き取りを希望するという話がある。色々と複雑な想いを持たざるを得ないのだけど。先日出回り先で見かけた古いプラモデルの山も、お店の閉店に伴ったものだろうし、なあ。

そのようなパターンをつい先ほどアマゾンで見かけた。検索したら違和感を覚えるモノが一覧に表示されたので詳細を確認したら出てきたのがこれ。2004年に発売されたF1の実車などをテーマにしたシリーズで、本物のレーサーをデザインしたレゴ。シューマッハとかバリチェロとか、ファンなら鼻血が出そうな感じ。一応確認したけど、いわゆるパチモノではなく、レゴの正規モノ。

説明には「新品未開封商品です。外箱にイタミやスレがあるためコンディションをほぼ新品」とある。13年も前のものが倉庫の奥に埋まっていたとは考えにくいんだよねえ。しかも新品だと5000円前後、海外からの直輸入のルートでも2000円は下らない逸品。

恐らくは積みレゴの類として保管されていたものが、持ち主の引っ越しとか逝去とか財務的な破たんで手放され、それが中古品扱いで出品されたものではないかと。見た目が地味だけど、大型の銀色の優勝カップとか超レアもので使い勝手の良いアイテムも入っているし、ゲットしておけばよかったかなあ、と後悔することしきり。やはりプライムに入って、2000円以下の商品でも配送料無料にするような手続きをしておかなきゃダメか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月18日 07:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「たばこ税の引き上げで1箱500円時代に」です。

次の記事は「宅配便の再配達に関する世論調査、再配達利用者は約5割」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31