「王様の仕立て屋」最新話を読むためにグランドジャンプを買ってきました

| コメント(0)


スーパージャンプが休刊した前後に連載を追いかけるのは止めてしまったのだけど、今でも機会を見つけて少しずつ単行本をそろえている「王様の仕立て屋」。今回号ではちょいと話題に上ったというか気になる話だったので、久々に購入。グランドジャンプも何度かリニューアルして、まったく別物になったというか...もうパッケージ買い的な意味合いが無くなってきているな、昨今の漫画週刊誌って。


で、気になる内容はといえば、色々と変えてはいるけれど例のすっごーいなアニメが元ネタのお話。しかもアニメ版終了後のどたばたがメインのお話。作品そのものは色々とナニがアレなので、ザ・ピーナッツ的な雰囲気も多分含まれた形で描写されているけど、これって楽しみとして、例のアニメがザ・ピーナッツのような存在になり得たのだろうなという作者側の想いが込められていたのではないかなと思うと、さらに色々と思う所が出てきてしまう。

まぁ商業誌でこういう切り口をするのはいかがなものかという意見もあるけど、昔から時折こういうネタをぶっこんでくるものだったし、個人的にはいつものノリでしかないよね、という感想。ただ、今回はいつにも増してセリフの端々に色々と考えさせられるものがあって、後で単行本で追いかけるとしても、今号は買っておいてよかったかな、と。

ただ......ツイートもしてるけど、日本には伯爵もいなければ、織部氏もいないのだよねえ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月10日 06:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「まんがタイムきらら2018年1月号 読了」です。

次の記事は「電通が単体売上高の月次開示を取りやめることになった件について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31