中国のレゴコピー商品にアウト判定続報、日本語記事が出た

| コメント(0)
デンマーク玩具メーカーのレゴが、同社の一部商品に酷似した玩具を製造し販売したとして中国企業2社を訴えていた裁判で、中国の裁判所はレゴの訴えを認める判断を下した。レゴ側が7日明らかにした。

先日【中華なレゴのコピー商品に法的な待ったが入った】でお伝えした件の続報......というか一次ソースは同じレゴ社のプレスリリースなんだけど、それをもとにした日本語の記事がようやく出てきたというもの。でもロイター電であって、日本国内の報道機関ではないんだよねえ。

内容としてはほぼ同じ。ただ、リリース原文では解釈が難しかった「2社」について、2社がBelaブランドを使っていたということが判明。Belaともう1社別の会社のようにも読めたからね。

今後Belaブランドが行為を改めてコピーをしないようになるのか、同じ会社がブランドを変えて、あるいは中身が同じ別会社を作って同じようなことをするのか。似たようなことをしている他社はどのような対応をとるのか。そして何よりBelaブランドを使っていた2社へのペナルティはどうなるのか。その辺りが知りたいところではあるのだけど......リリースにはその類の話は一切なし。まぁ、あの国だから仕方が無いってことになるのかなあ。それはそれで理不尽な感は否めないのだけど。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月 9日 06:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「中華なレゴのコピー商品に法的な待ったが入った」です。

次の記事は「ハウス食品の株主優待到着(2017年12月着分)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31