レゴの6桁台商品とアドベントカレンダーの値下げが止まらない件

| コメント(0)


先日のアマゾン上での手続きで見つけた奇妙に見える商品。見た目は何の変わり映えも無いように見える造形なんだけど、価格が事実上の6桁台。諭吉さまが10人は必要。色々と調べたところ、元々ごく少数の限定生産品であったことや、シンガポールでは有名な名所ということで、地元の人には特に人気が集まったがための高価格ぶりなんだとか。ベースの部分のネームプレートだけでも目玉が飛び出る値段とのこと。

何にしても「こんなものがあるのだなあ」という認識はできるけど、コスパを考えると当方にはとてもとても。


一方で毎年11月ぐらいに発売される、レゴのアドベントカレンダー。要はクリスマスの到来を楽しみにするためのカレンダーとレゴを組み合わせたわけで、当然ネタ的にはクリスマスが終わったら命運は尽きる......とはいっても中身のレゴが消滅するわけでは無いから、単に季節物のセットと考えればいいのだけど、バリューが剥がれるのには違いなく。

毎年12月頭までには売り切れて、レア系アイテムにシフトするのだけど、今年はどうも勝手が違う。この時期になってもマーケットプレイスで100以上もの在庫が確認できて、だぶつきに業者側が焦っているのか、1円単位での値下げ競争の真っ盛り中。当方も随分とお高い時に1つパーツ取得のために調達したのだけど(昨年の動向を参考にして最安値で買ったつもりだったのに)、それよりもかなり値は下げている。

今見た時には1400円で63%引きとある。これ、週末にかけてさらに値を下げていくんだろうなあ......在庫がまだ100以上あるし。1000円切るとかいう異常事態になったら、もう一つ調達しておくか。あまりにも不憫だし。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月21日 06:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「別の視点から見た日本国債の保有者比率(2017年Q3まで)」です。

次の記事は「ニンテンドースイッチが案外在庫を確認できるようになってきた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31