フローリングの自動お掃除マシンに「ブラーバ」なるものがあったとの話

| コメント(0)


フローリングを自動的にお掃除してくれるマシンといえばルンバが一番知られている。メカなモップみたいなもので、ふさふさのお犬様に棒をつけたようなもの......というとアレだけど、まさにそんな感じ。

他社からも似たようなコンセプトのマシンが多数出てくるようになったけど、当方は元々フローリングの部屋に住んでいるわけじゃないので、必要性も感じない事から、ルンバ以外はほとんど記憶にない。けど、これはちょいと面白いかな、と思わせてくれるアイテム。

「ブラーバ」というとなんだかロシア語みたいだけど、マシンの構造としては自動雑巾がけ端末みたいなもの。ルンバが何だか未知の動物が徘徊しているように見えるのに対し、「ブラーバ」はけなげに雑巾をかけているという雰囲気がちゃんとしている。

そして名言としての「家事は課金して物理で殴る」という言葉は嫉妬を覚えるほどに素晴らしい表現。投資する事で手間と時間を短縮できるものがあれば、どんどん投資をすべきだという発想は、世の中を賢く生きていくためには欠かせないものに違いない。時間は有限なのだから。


「ブラーバ」自身もアマゾンで普通に確認できるし、改めて見ても構造的にさほど難しいものでは無い。簡易版がディアゴスティーニとか田宮の夏休みの工作に登場しそうな、まさにコロンブスの卵的なもの。でもこういうのって、意外にあこがれるんだよね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月29日 06:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「まんがタイムきららキャラット2018年1月号 読了」です。

次の記事は「インフルエンザ対抗薬の報道はDeNAのWelq問題以上では」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30