途中の式を書かずに答えだけで提出するとバツを食らう理由

| コメント(0)


これは当方も同じような経験...途中の式を書くのがすげぇ面倒くさいので省略したら「途中の式を書きなさい」と怒られたこと...があるので、とてもよく分かる。というかその時に、こんな形で説明されていたら、ちゃんと理由を理解できたのだろうなあと、今さらながら思ったりする。

自分の脳内で答えを導くための色々なロジックや計算式があって、その結果として答えが出ていたとしても、他人には分からない。他人に分かるのは書いてある部分だけ。過程をしっかりと出さないと当てずっぼとかカンニングとか思われるかもしれない。

その誤解を避けるためには、そして他人が「正しいプロセスで答えを導き出しているのだな」ということを確認するためにも、途中の計算式は欠かせない。


これって一度指摘されればなるほどその通りだし、当たり前のことになるのだけど、今の一部方面ではこれができていない、さらには「犯人はお前だ!証拠はお前が出せ」とドヤ顔で主張するのがまかり通るからねえ。まさに小学校からやり直した方がよいのでは、と思ってしまうのも当然かと。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月26日 06:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スターウォーズなワッフルを楽しみたいという人に」です。

次の記事は「レゴのフィギュアでドナルドっぽいのができました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31