雑誌離れが数字化された日販の中間決算短信

| コメント(0)
出版取次大手の日本出版販売(日販)は22日、2017年9月中間決算を発表し、卸売り事業でコミックスを含む「雑誌」部門の売上高が前年同期比8・9%減の約1037億円にとどまった。このうちコミックスの売り上げが12・7%減と激しく下落しており、紙の漫画本離れが顕著に表れた。

出版物の取次大手の日本出版販売が先日発表した、中間決算短信の内容を基にした記事。ちょいと見逃していたけど、コミックの売り上げが前年同期比で12.7%減ってのは結構大きな値。まぁ、ヒット作のある無しでコミックは結構上下するから、突然急激に減ったということではないのだろうけど......。


で、一次ソースとなる中間決算短信を引っ張り出してきて、色々とあれこれと。コミックだけの売り上げ動向は無かったけど、雑誌がかなり落ち込んでいる。ネットにシフトされてしまっているのは、すき間時間つぶしという観点で考えると、やはり書籍よりは雑誌なんだろうなあ、と。

返本率では雑誌が少しずつ悪化している...というより、開発品の返本率が急上昇しているのが驚き。これ、やはり飽きられているというか飽和状態なんだろう。

また今回の短信では特記事項的な形で、配送問題が取り上げられている。多様化と一拠点当たりの分量減退で、配送そのもののコスパが落ちていると。電車ならガラガラ状態のをずっと走らせているようなもの。そうなるとやはり、配送しなくてもよいデジタルにシフトするとか、配送拠点を絞る、通販に移行するというのが手っ取り早くなるんだろうなぁ、と。

例えばアマゾンなどに投げることで、配送における負担は間接的に利用者にかぶせられることになるからね。それが正しいのか否かは別としても。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月24日 06:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「勤労感謝の日は元々収穫祭みたいなものだった」です。

次の記事は「レゴ互換のブロックテープ「ブロッテ」がレゴコーナーに置かれていた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30