踏まないと止まらない目覚ましアラーム

| コメント(0)
両足で踏まないと鳴り止まないというアラーム機能付きの目覚ましマットに新モデルがサンコーから登場、「二度寝を防ぐ!目覚ましマット"ニドネン"mini(ALMCAR02)」がサンコーレアモノショップ秋葉原総本店で販売中。


従来モデル同様に、両足で約5秒間踏み続けることでアラームを止められる仕組みで、同社によると「片足を乗せたくらいでは止まらないので、しっかりと体重をかける必要がある」そう。ちなみに、同店では「最強の二度寝防止アイテム!!」とうたっています。


寝起きの善し悪しは人それぞれで、目覚まし時計どころか何かイレギュラーな音などでもすぐに起きてしまう人もいるけど、寝起きが悪い人になると目覚まし時計がずっとなりっぱなしで大音響を響かせても起きない人もいる。それどころが時計を止めてまた寝てしまうことも。

そういう目覚めの苦手な人向けの目覚まし時計が今件商品。要はベッドや布団から抜け出て両足で一定時間踏み続けないとアラームが止まらないというもの。発想としては転がってしまって布団から出ないと止められない円筒形目覚ましとか、エアガンを命中させないと止まらない標的目覚ましと似たようなもの。

コンセプトとしては悪くないけど、例えば逆に枕元に引き寄せて、頭を乗せてしまったらどうなるのかな......と思ったら、どうやら踏むエリアが足の感じにならないとだめらしい。頭が二つあればいいのか(違う)。

なおMP3データを用いることでアラーム音を好きなように変更できるとの話。ただしボリュームの変更はできないから、データの上であらかじめ調整しておくのが必要。


一応アマゾンにも収録されてはいるけれど、今のところ利用者の感想は無し。どのような塩梅なのだろうなあ、という気はする。当方の場合、目覚めは結構よい方なので、必要性はないのだけどね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月18日 06:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「現状は「人手不足」ではなく「奴隷不足」では」です。

次の記事は「ウイルス感染メッセージの広告というタチの悪いお話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30