ローソンストア100と永谷園とのコラボ実施

| コメント(0)
株式会社永谷園(社長:飯塚 弦二朗、東京都港区)の人気ロングセラー商品「松茸の味お吸いもの」とローソンストア100(社長:河原 成昭、東京都品川区)が初コラボしたおにぎり・お弁当等を2017年11月1日(水)より、全国のローソンストア100にて展開します。「和風幕の内弁当(松茸の味お吸いもの使用)」(税込324円)、「松茸の味お吸いものおにぎり」(税込108円)、「松茸の味お吸いものおにぎり3個セット」(税込216円)、「厚揚げのきのこあんかけ(松茸の味お吸いもの使用)」(税込216円)、「松茸の味お吸いもの使用 和風パスタ」(税込216円)の5商品を数量限定で販売します。弊社HPで人気のアレンジレシピを、お近くの「ローソンストア100」で味わっていただけるこの機会に、ぜひお試しください。

永谷園とローソンストア100とのコラボってことなんだけど、なぜローソン本体では無いのかという不思議感。ローソンストア100って現在800店舗足らずしかないんだよねえ。まぁ、コラボアイテムが永谷園のお茶漬けではなく松茸の味お吸いものってことから、地味さがあるのでコラボの際のあれこれの負担が少ないローソンストア100にしたのかなあ、と。講演する時のステージを大きなところにするのか、小さなところで済ますのかの違い、的な。

単純にお弁当に松茸の味お吸いものをつけるぐらいかなと思ったらさにあらず。松茸の味お吸いものを味付けに使った幕の内弁当とかおなぎりとかきのこあんけとか和風パスタとか、ちょっと食べてみたくなる品々ばかり......あー、そうか。元々「松茸の味お吸いもの」のアレンジレシピをそのまま商品化したわけね。

当方の行動領域内にはローソンストア100がないので、実際に味わってみることができないのが残念なところ。ローソン本体でも展開してくれないかなあとは思うのだけど。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月 2日 06:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「工夫や要領のよさとズルと」です。

次の記事は「「案件相談があるので来てほしい」との連絡には」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30