期日前投票の数がもりもり増えている

| コメント(0)
総務省は16日、衆院選(22日投開票)の期日前投票の中間状況(選挙区)を発表した。11日の公示翌日から15日まで5日間の投票者数は410万7108人で、前回2014年衆院選の同期間に比べ52.1%増となった。全有権者数の3.9%に当たり、衆院選の期日前投票としては過去最多のペースだ。

期日前投票については当方も以前は邪道だ的な印象が強かったのだけど、ここ数日色々と書き連ねている通り「当日になって面倒になるぐらいならさくっとモチベーションが上がった時に投票すべき」「近所のしがらみを気にせず投票できる」などメリットばかりの期日前投票をダイナミック見直し絶賛状態。便利な制度は使うのにこしたことはない、と。

で、その期日前投票だけど15日までの時点で410万7108人。前回の選挙と比べて1.5倍以上にも増えているという。これで全体として投票率が上がるのならば万々歳には違いない。


一次データはこんな感じ。前回の同時期で2倍以上の人数を計上しているのも複数県で確認できるし、前回割れ地域は無し。期日前投票の分がそのまま投票率のアップにつながるとなるといいよねえ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年10月17日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「吾輩の定位置2とか夕やけ食堂とかステキな玩具が色々と」です。

次の記事は「リアルすぎて怖いがま口は実在する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31