食べられるフォーク"FRORK"(フローク)とかよく分からないものがマクドナルドに登場する

| コメント(0)
「食べられるフォーク」こと"FRORK"(フローク)は、今年5月にアメリカのマクドナルドで新商品のノベルティとして配布されたアイテムです。そのユニークなフォルムと使いどころの無さが全米で話題になり、このたび満を持して日本に初上陸いたします。


"FRORK"は、大人気メニュー「マックフライポテト」のパッケージを模したデザインのシリコン素材のボディに、お好みのマックフライポテトを3本装着してお使いいただきます。この"FRORK"があれば、マックフライポテトをスタイリッシュにお召し上がりいただけるのはもちろん、「グラン てりやき」などのバーガーのソースなどがこぼれた際も、"FRORK"ですくって最後の一口まで美味しくお召し上がりいただける優れものです。


要は米国でテレビ番組にて紹介され話題となった、超ネタ系のノベルティが、日本でも手に入るかもしれないよ、スクラッチで当たりが出たらゲットだよ、というもの。仕組みは写真を見れば一目で分かるのだけど、フォークの形をした容器にマックフライポテトを3本ぶち込んでフォークのように使おうというもの。まぁ、実質的に本物のフォークのように刺すわけにはいかないので、むしろスプーン的に使うのでは、という感じはするけど。

これ、使うとポテトがばきばき折れるのではないかとか、汁物をすくった後にポテト部分を食べようとすると差し込んだ部分からぽきりと折れて取り出しにくくなるのではという心配もあったりする。まぁ、その辺りは使ってみないと分からない。

マクドナルドとしては結構冒険的な、面白いかぶき方をするものとして注目したいところ。でも構造が非常にシンプルなので、すぐに100円ショップとかで似たようなものが出てきそうだよねえ(汗)。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年10月13日 06:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「衆議院議員選挙の期日前投票に行ってきました」です。

次の記事は「ガソリンスタンド利用時の注意とか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31