「ナカトジール」という中綴じが簡単に出来る定規が面白い

| コメント(0)
スケールに用紙を差し込んでタッキングするだけで、中とじできます。スケール(直線・波線が描けます)、簡易コンパス(1cm単位で円も描けます)、分度器(角度測定もOK)、虫メガネ(文字や絵柄が大きく見えます)付き。 適合マックスホッチキス:HD-10NX、HD-10D、HD-10DM、 ※フラットクリンチ等、上下のハンドルが180度開かないホッチキスは ご使用になれません。 綴じ枚数:10枚

先日ツイッターで見かけたおもしろ動画......というか文房具。定規で場所を見極めて固定した上で、ホッチキスを思いっきり開いてその上面だけを押し込むと、がちゃりとはめ込んで中綴じができる仕組み。説明にある通りホッチキスは上下のハンドルが180度開くものでないとアウトだけど、発想としては面白い。

以前似たような目的の道具として、ホッチキスの先がぐるりと回せるものを紹介した記憶がある。それよりもいっそう実用的かなあ、という気がする。

中綴じできる量はホッチキスに依存するので、まぁ、普通のものだと10枚かそこら。小さな会社の資料とか、サークルでの小冊子とか説明資料ぐらいにしか使えないけど、それはそれで十分に利用価値はある気がする。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月20日 07:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「優遇すればコストが減らせる」です。

次の記事は「組織内でのほうれんそうとおひたし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31