お金は国家が用意するインフラであり、本質は情報そのものである

| コメント(0)


お金を偽造する事は重大な罪に他ならない。価値と信頼をねつ造するのだから。原価が極めて安いことを思えば、究極のコピー品販売みたいなものだ。

ただ、お金の偽造はそれだけにとどまらない。指摘の通りインフラを破壊する行為でもある。実際、国家間戦争において敵国のお金を偽造して大量にばらまき、経済を混乱に陥らせるという話は(成功失敗を問わず)結構なされている。だからこそ、罪は極めて重い。あれだ、例えば学校の給水タンクに勝手にジュースを混ぜたり、睡眠薬を混入させるとか、そのレベルの重罪。ヒーローものの番組で悪役が世界征服のためにやらかす悪業みたいなもの。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月18日 07:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「趣味を聞かれて「無い」とか「読書」「音楽鑑賞」「ショッピング」と答えられた時」です。

次の記事は「「日経会社情報」が事実上休刊していた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31