「たまごかけごはんのクラウド化」ってそっちの意味かい

| コメント(0)
タカラトミーグループの株式会社タカラトミーアーツ(代表取締役社長:宇佐美 博之/所在地:東京都葛飾区)は、日本の代表食"たまごかけごはん"をふわふわの新食感でつくることができる『究極のTKG』<希望小売価格3,500円/税抜>を2017年10月26日から発売いたします。

紹介リリースのタイトルや記事に「たまごかけごはんのクラウド化」とあるから、たまごやご飯のデータを共有化したりどこかに保存できるデータベースを作るのかと思ったらそうではなく、たまごの白身部分をメレンゲ化してふわふわにする機械だそうな。元々クラウドって「雲」という意味があるから、そこからクラウド化としたらしい......いや、間違いじゃないけどその表現は一歩間違えるとペテ以下略。


当方は諸般事情で玉子かけごはん(TKG)は食べられないのだけど、好きな人には魅力的なアイテムには違いない。見た目がここまで違うと、なんだか別物の感じ......というかこれ、食感はどうなんだろう。好き嫌いが分かれるかな。

個人的にはそれよりも、調理用機器として使えるんじゃないかな、その可能性に期待していたりする。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月 6日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「核兵器に関わる条約は大きく3つ」です。

次の記事は「トイザらスのブリックトーバーのフィギュア全貌が判明」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31