東京の日照時間が史上最短となる見通しとの話

| コメント(0)
東京都の8月の日照時間は83・7時間(31日午後5時現在)で、1890年の観測開始以来、史上最短となることが確実となった。気象庁によると、8月上旬や中旬は、北海道の北にあるオホーツク海高気圧の勢力が強く、太平洋高気圧の張り出しが弱かった。このため、北東からの冷たく湿った空気が北日本や東日本の太平洋側に流れ込み、天候が崩れたという。

確か数年前も日照時間の短さが問題となり、その時には本家サイトの方で定点観測をしたのだけど、その時は数か月前からその予兆があったので、対応ができた次第。今年は7月まではもりもり暑くて長期予想通り猛暑になりそうだなあと思っていたら、台風の上陸後に一転して雨降り続き。気が付いたらすでに8月が終わっていた。この一か月は、梅雨が大遅刻したので居残り勉強させられている感じではある。

お米の不作が問題視された前世紀末に上がった関連銘柄に手をつけることも考えたけど、そういうハイリスクな投資は避けているので銘柄のみを見つけてニヤニヤしてオシマイ。それより気になるのはツイートでも指摘した、小売り関連のお話。

夏でも冬でも梅雨でも、季節通りの気象になれば、季節関連商品が売れる。ちょいと酷な状態になれば、売れ行きも上がる。猛暑になると夏物商品が売れるって感じだね。でも今夏はその逆が生じたことは間違いなし。夏物商品を取り扱う業界は結構大変な値が出ている気がする。

あとは農作物。野菜は早くも値上がりしているけど、それ以外も全般的に今年度は厳しいものになるかもしれない。まさにおてんとうさまにはかなわない、という感じではある。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月 1日 06:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「けものフレンズに廃墟として登場する」のは「ゴジラに壊される」のと同じ価値がある」です。

次の記事は「月見バーガーの新作はリニューアル版でした」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31