60代から70代の不安は記憶力の低下とお金

| コメント(0)


先日資料を受領した......って一応公開もされているけど、の、60代から70代の人を対象にした生活などの意識調査。消費性向などの観点でも色々とチェックしておく価値はある、と。

で、まずは自身が歳を取ったと認識する傾向。60代は白髪、疲れやすくなった、足腰が弱くなった・目が見えにくくなった。70代は足腰が弱くなった、疲れやすくなった、白髪が増えた。身体的な衰えを自認して、歳をとったと感じるわけだ。ただこれらの現象って過去の色々な調査や文献の話の限りでは、中堅層以降に出てくるので、高齢者になったから云々という話でもなさそう。


楽しみにしている事は旅行がダントツ。引退世代はなぜか旅行に行きたくなる傾向がある。需要も無茶多いってのは各種統計でも出てるけど、今件でも裏付けられた。運動・スポーツはともかくとして、買い物とか外食も多いのもなるほど感。


生活での不安対象。60代はお金に関すること、70代は記憶力の低下がトップ。次いで60代は元気がなくなること、70代は記憶力の低下。60代と70代で上位の順番が大きく違ってくるのは興味深い。


最後は食事面で積極的に食べているものと控えているもの。野菜とか乳製品とか魚類とか発酵食品とか、健康をかなり意識している様子がうかがえる。控えているものは甘味、アルコール、炭水化物、油脂類。まぁ、身体に悪そうなイメージがあるものばかりだな。でも乳製品とか卵とか肉類は、積極的に食べているものと控えているもの双方に入っていたりするので、食事による健康法もケースバイケースだったりするのだな、という感想も出てくる次第ではある。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年9月14日 06:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「鳥獣戯画根付これくしょん」にチャレンジ」です。

次の記事は「米国のテレビ視聴のスタイル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31