世界マナー美術館の第二弾はミレーの落穂拾いでした

| コメント(0)


先日紹介した、都営地下鉄でのマナー啓蒙ポスターに、世界の名画を使ったコラージュ的なパロディネタを使う手法。その第二弾を通院の帰りに見つける事ができた......って実は第三弾なのかもしれないけど。

今作はミレーの落穂拾いを用いたもの。原作では落ち葉を拾っている様子を描いたものだけど、今件では歩きスマホをしている人が荷物を持っている人にぶつかり、その荷物がホームに転がって周囲の人が拾っている情景に描き換えている。手の部分がちょっとばかり不自然だけど、雰囲気はよく出ている。

原作の絵画そのものには極力手を加えず、描き足した部分は白黒で描写するという手法も前作同様。ネタを思いついてそれをちゃんと作品として作り出すスキルは相当のものだと思う。作品の創生そのものに結構苦労するのだろうけど、このシリーズはどんどん展開してほしいな。ネタを応募するってのもありかもしれない。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年8月11日 06:33に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「若年層の情報つまみ食い文化的なお話」です。

次の記事は「自分の才能は極力論理化、テンプレート化、文書化した方が良い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31