縁の下の力持ちは得てして評価されない

| コメント(0)


ケースバイケースではあるし、すべてがすべてこのような状況とは限らないけど。当方自身も経験があり地団駄を踏んだことも多々あるし、似たような話も多分に聞いているので、同じような経験をしたり聞いたことがある人は結構いるのだろうなあ、というお話。

ハプニングとかアクシデントが生じたとき、それを適切に対処すれば当然評価される。それはそれでよい話ではあるのだけど、そのようなトラブルが生じないように日々精査検証対応をしている行動は、得てして評価されないどころか、見てももらえない。ドラえもんでジャイアンが時々良いことをすると超評価されるとかいうのと同じだし、あるいは状況維持のために日夜作業をしているインフラ周り全般がすべて、この話の評価されない方に当てはまる気がする。


評価を得るためにアピールをするのも大事...というか世渡りの上では必要なのだろう。けれどそれが出来なければ評価されないとか、その行動のためにリソースを浪費してしまうのも、なんか理不尽な気がする。そういうノウハウを持つ人がサポートしてくれるってのが良いのだろうな。適材適所というか、研究者に営業をさせるのはいかがなものか、的な。


似たような話は中国の故事にもあるとのことで、この類の話は昔も今も変わらないのかなあと思ったりする。見方を変えれば古今東西を問わず、このような問題を解決することで、色々な浪費とか機会を逃す残念な事態とか、才能がうずもれてしまうってことが解消されることもあるのかなとも考えたりする次第。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年8月 6日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「雷が川に落ちるとものすごい水しぶきが上がる」の動画はフェイク」です。

次の記事は「台風が近づいてるのに暑くなる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31