梅雨明け宣言をすると梅雨っぽくなる状態を「戻り梅雨」と呼ぶのだそうな

| コメント(0)


最近では梅雨明け宣言というよりも「梅雨が明けたものと思われる」的な少々曖昧な表現が目に留まるようになったけど、それも(が)関係しているのかもなあ、というお話。梅雨明け宣言がなされると、途端に雨模様となったりそうでなくても夏とは言い難いような天候が続くパターンがある。ここ数年はその傾向が続いている感じ。経験則として「梅雨明け宣言と共に短い梅雨が再びやってくる」的な感覚もある。

この傾向にはちゃんと名前があり、それを「戻り梅雨」というのだそうな。

まぁ、実のところ梅雨っぽい気候になるか否かはおてんとうさまの気分次第なので、人知の及ぶところではない。梅雨前線も気まぐれで、梅雨が明けたよーと宣言した途端に「んじゃ、もうちょっと頑張ってみるか」的なお茶目なことを考えているのかも。

ともあれ、梅雨明け宣言が出されても、そのまま梅雨が明けたから色々と梅雨の体制を閉めようってのはちょいと待った方が良いのかもね。むしろ「もう一梅雨くるか」ぐらい思った方が良いのかも。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年8月 1日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ヤマザキとサーティワンがコラボしてアイスっぽいランチパックが登場するとな」です。

次の記事は「新人の教育は自分のコピーを作り、自分の仕事を楽にし、手を伸ばすのに役立つはずなのだけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31