「国の借金1078兆円=1人当たり851万円」とのタイトルで配信をする時事通信社

| コメント(0)
財務省は10日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が6月末時点で1078兆9664億円になったと発表した。3月末時点から7兆4070億円増え、過去最高を更新した。7月1日時点の人口推計(1億2675万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約851万円になる。

財務省から四半期単位で更新発表される「国債及び借入金並びに政府保証債務現在高」が出てくるたびに、この類のコメントをしなきゃならないのは、何度万引きでつかまって怒られても、こりずに万引きし続ける悪ガキへのツッコミをするようで、非常にナニな感じではあるのだけど。

国債の発行額は国の借金でなければ、国民一人当たりで計算するのもおかしな話。そのような表現は確かに分かりやすいかもしれないけど、正しくない。

今件は財務省の発表のたびに言及していますが、「国の借金」との表現では日本国全体、国家組織や所属企業、民間人すべてに至るまでとの誤解が生じます。今件額面は日本国政府による借入金(財務省の資料上の表記も「国債及び借入金並びに政府保証債務現在高」)。「国の借金」「国民一人あたり」等の表現は不適切です。国債の約9割は日本国内で購入され、それは同時に日本国民には債権にもなります。さらに日本国債は円建てによるものです。


最近では日銀が国債を購入する割合が増え、「意味が無い」と一部専門家は言及していますが、日銀が得た利益(国債の利息)のうち経費や税金を支払った後の剰余金は、準備金や出資者への配当に充当されるものを除き、国民の財産として国庫に納付されます。さらに政府は日銀の株式を55%保有し、相応の配当も受け取れます。

これぞまさに印象操作的なフェイクニュースに他なりません。


今回のコメントはこんな感じ。冒頭では『「国の借金」』と一応鍵カッコつきで表記してるけど、タイトルはそのままだし、文末でも「国の借金は2017年度末に1223兆円に膨らむ見通し」と、わざとなのか間違ってなのか、鍵カッコを忘れてしまっている。

このような報道を通信社が成すとは、ねえ......。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年8月11日 07:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「セブンイレブンで従業員向けの保育園開設」です。

次の記事は「報道の非対称性と不公平感が印象操作となる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31