「ネコババした」 『してません』と印象操作

| コメント(0)


先日の東京新聞周りの記者の資質の件とか、元復興相への活動家記者への「質問」の件はあまりにも顕著ではあるのだけど。昨今の報道界隈の挙動って、上の文章で大よそ表現できるようなケースが増えている。報道の手段が印象操作に使われている、と端的に表現したらそれでオシマイなのだけど。

まさにイチャモンをつけた方が勝ち、悪魔の証明を求めて、それが出来なかったらコロンビア的な勝利って状態になっている。変だよね、それ。


「報道とはなんであるか、どうあるべきなのか、社会からはどのような形が求められているのか」が改めて問われるべき......という話はここ数年定期的に生じている。最近はその頻度が上がっている覚えがある。可視化が進んでいるのか、報道界隈が先鋭化しているのか。恐らくはその双方なのだろう。中世ヨーロッパで魔女裁判を求める教会側の立場にでもあるつもりなのだろうか、今の報道界隈は。

社会に対する有意性、貢献といった存在意義、公共性があるからこそ「情報の公知能力」という「力」を与えられている報道界隈が、その「力」を濫用し、好き勝手なことをしている。それはまるで社会維持のために拳銃やパトカーを使うことを許されている警察官が、自分の好き勝手に拳銃で他人を脅したり、家族旅行で信号を無視してパトカーで走り回るようなもの。それが許されるはずも無く。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年7月 1日 07:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レゴの2017年1月~12月分の製品カタログ(ヒーロー編)を確保」です。

次の記事は「「マニュアル通りにしか動けない現場」こそ賛美されるべき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31