ヤフージャパンのディレクトリサービスが終了

| コメント(0)
ヤフーは6月29日、Webサイトなどを分類して紹介するディレクトリサービス「Yahoo!カテゴリ」を2018年3月29日に終了すると発表した。「一定の役割を終えた」としており、1996年の同社創業から公開してきたサービスが姿を消す。


Yahoo!カテゴリは、「サーファー」と呼ぶスタッフが手動でWebサイトやブログなどを収集し、「エンターテインメント」「ビジネスと経済」などのカテゴリー別に分類するサービス。ユーザーの情報収集のサポートが目的。


デレクトリサービスってのは引用文にある通り、管理側がジャンル別に「このサイトは安全、信頼できる」っていう推奨するサイトを並べ、そこからリンクをたどってみると良いよとお勧めするサービス。検索エンジンの検索結果とは違う、一定の基準に達しないと掲載されない、厳選サイト的なもの。かつてのiモードなどの公式サイトみたいなものかな、的な。

で、そこに掲載してもらうために対価を払って云々ってビジネスも合わせ、色々な話があったのだけど、最近では検索エンジンそのものが主流になってしまい、ディレクトリを使う人があまりいなくなってしまった。そこで費用対効果も合わせ、オシマイにしてしまおうというもの。

ネット利用実情としては、無くっなったところで大きな変化があるようには見えないのだけど、歴史の流れってのを感じさせる。登録サイトの足し引きはともかく、表示とリンクそのものは残しておいてもいいような気がするのだけどね......と思ったけど、リンク先の内容が変わっていたり、デッドリンクになる可能性もあるので、その部分の調整をするとなるとリソースが割かれるから、やっぱりダメか。

まぁ、何らかの形で「こういうものがありました」的な記録はヤフー自身が残しておいてほしいな、とは思う。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月30日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「東京メトロ全路線全駅のホームドア設置、2025年までにとの計画発表」です。

次の記事は「都議会議員選挙の期日前投票にいってきました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31