大統領のツイ消し禁止法案提出との話

| コメント(0)
ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がツイッター(Twitter)に誤って投稿したとみられる意味不明の単語がインターネットで話題になり、その後削除されたことを受けて、民主党のマイク・クイグリー(Mike Quigley)下院議員が12日、大統領が発信したインターネット上のメッセージを公文書として扱い、削除を禁止する法案を提出した。

エイプリールフールとか虚構新聞さんの名前が頭をよぎったけど、何度読んでもそんなことではなく。そもそもツイッターをフルに活用し始めた大統領は前オバマ大統領だったし、その時にはこんな話は微塵も出てこなかったどころか絶賛されていた。またツイッターはFacebookと違って書き込んだあとの編集ができないため、ミスなどは十分あり得るわけで。

提出された法案の趣旨は理解できるけど、納得できるものではないし、やはりジョークにしか思えない。色々な意味で今のアメリカ合衆国が奇妙な状態にあるのが理解できる。自分にとって都合の良いものはどんどん使ってもらって、都合が悪いもの、気に食わないものは何か屁理屈をつけて規制しようという香り。

これがもし正当化されたら、「それって大統領だけの話? 公的な立場に居る人は同じような規制を受けるようにしないと不公平だよね」って話になる。議員はもちろん公務にある人は皆が皆、ソーシャルメディアだけでなく、インターネットのサービスを自分の思うように使うことが不可能となってしまう。

リベラリズムとかポリティカル・コレクトネスって何なんだろうなあ、一度それが否定されると半狂乱になって逆切れ的な行動を起こして認めさせようとするあたり、思想の強要とか強圧政治とどこが違うのだろうか。色々と考えさせられる話には違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月14日 07:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「生活リズムとゴミ出し時間の制限と」です。

次の記事は「サポートと電源スイッチと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31