「最初のお付き合いはお試しみたいなものだから割引でお願いします」という依頼

| コメント(0)


先日の【フリーな創作・自由業の仕事の選択術】に続く、フリーランス系な創作業の方々に仕事を発注する機会がある界隈には注意した方が良いかな、というもの。アルバイトの募集要項などを見ると、似たような感じで「はじめの一か月は仕様期間として時給100円割引」的な話をよく見かける。これは最初のうちは色々と教え込む機会が多くて実働するまでには至らない場合が多いとか、スキル的に継続して雇えるか否かを確かめさせてねという意味合いが多々ある(試している期間だからそんなに対価を支払わなくても良いでしょ、的な)。ただそれって、あくまでも雇用する側が立場上では上だからできることなんだよね。

フリーの方々にお仕事を依頼する場合、よほどの状況でない限りは良くて対等、往々にして仕事を依頼する側が仕立てとなる。「お願いします」的な、ね。今後継続して色々と依頼をしたいと思う新規契約対象に、なぜ最初から値引きを要求するのか、ちょっと変。むしろ新聞の契約のように、受け手側にメリットがあるようなアプローチをするのが順当ではないのかな、と。

「自分を安売りしない」って言葉はシンプルだけどとても力強い響きを覚える。値引きをするってのは、それだけ自分の作る作品やサービスの価値を低く見ていることになる。対価はそのまま自分の評価の物差しになるからね、創作業は特に。これを成してしまうと、自分自身の自信にも少しずつ傷をつけてしまうことになる。

これは単に自由業とか創作業に限った話では無い。自分を安売りしないってのはどのような場面でも言えること。高望みのし過ぎとか自意識高い状態になるとまた別の問題が発生するけど、不当に自分をおとしめる必要もないってことだよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月13日 07:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「mp3、mp4と来たら......次はアレだよね」です。

次の記事は「学生紛争や警察に護送される時のシーンとか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31