家計調査の「さけ」と「いか」

| コメント(0)


先日発表された家計調査の月次最新データである2017年4月分速報に関して、消費支出が減少した理由の一つとして「さけやいかが値上がりして手を付けにくくなったからではないか」と報じられたところ、あちこちからこれを揶揄する声が上がった。昨今の報道は政治や経済に関しては特に、記者側の思いつきや核心的利益が優先して、中身を精査せずに広めてしまう傾向があるので、それに便乗すると大やけどを負うことになる。

で、今件もさけやいかに関してリスト化してディスったり、どれだけ大量に食べているんだ的な話があったので、肝心の家計調査の公開値を確認したのがこれ。

報告書の特記事項にもさけやいかがそのまま書いてある......というかこれをそのまま言及しただけの噺家と。より寄与度が大きい、つまり影響を与えた要因としては、自動車関連や私立大学・専修学校の授業料があるのだけど、これは色々な要因が考えられる。前年同月との比較だから、少子化の影響もあるかもしれないし、授業料の低下や私立大学への就学者の減少の可能性もある。数年間の動向や関連パラメータを確認して、これがイレギュラーな値なのか、他の事象の結果によるものなのかを見極める必要がある。自動車周りは税制が影響してるのかな?

......なんてことを考えると、統計値を見るのも楽しい話には違いない。


で、いかとかさけの話だけど。実際、4月やそのちょいと前の関連動向を見ると、確かに動きが鈍いとか、価格が思いっきり上昇しているってのが確認できる。あてずっぼな数字ではなく、色々な事案が生じていて、その結果として買い控えが生じているのだな、と。

ということで。面白いネタだったとしても、その背景を確認せずに揶揄をするのは良くないよ、というお話でした。いや、実情をチェックしても揶揄はよろしい話では無いのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年6月 1日 07:09に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ツイッター向けウェブサービス等のついっぷるが10月末で終了」です。

次の記事は「「初任給は年収700万円」というお話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31