「仏像を置けばスピード出し過ぎても大丈夫」な実情に嘆いた御坊様が考えたステキな仏教と科学の融合話

| コメント(0)


仏像に限らずお守りの類は、それそのものが神秘的パワーを有して持ち主を守ってくれる......というよりは、その持ち物を有することでそれが秘めている意味、教えを目に留めるたびに思い返すことで、戒めとか注意喚起になるってのが、真のパワーだったりする。

しかしそれを忘れてしまうと、RPGの無敵アイテムのように「これを持っていれば何をやっても大丈夫」的な安心感を覚えてしまう。今件もそのような話で、タイにおいて仏像をおけば事故は防げるという浅はかな考えを持つ人が多く、その実情を嘆いた高僧が構想したアイテムのお話。

仏像の中にGPSとスピード感知器を内蔵し、さらにスピードに応じて高僧の教えが音声出力されるというもの。スピードが上がるほど高僧の教えも厳しく、スピードを落とすようにと強い口調の話となる。

スピードセンサーの精度がどれほど高いものなのかなど疑問はあるけど、発想としては非常に面白いし有意義に違いない。信心深い人が多いタイだからこそ、ってのもあるけど、日本でも色々と応用できそうだな。アイドルとかアニメキャラで代用させるのもありかもしれない。ある意味、信仰だからね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月26日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ディフューザー付きのライトカバーを自作しました」です。

次の記事は「もりとかけとてんぷらと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30