財務省解体論

| コメント(0)


ちょいと検索すれば分かるのだけど、今の財務省の前身は大蔵省で、お金周りの権限があまりにも強すぎて行政全体に支障を及ぼすようになったのと、その権限を振り回して汚職の類が後を絶たなくなったことから、いくつか権限を他機関に振り分けられた上で再編されたのが財務省。

で、その財務省ですら昨今では色々と問題が指摘されている。大蔵省時代からの信念的なものとしては緊縮財政の話とか、デフレ容認というよりは推奨的なものとか。それらが政策行政に大きな悪影響を与えているのを見るに、結局のところ大蔵省時代の根本的な問題は解決されていなかった次第。個々のパラメータ的能力が高くとも、方向性に問題があれば、それは罪悪にしかならない。

ならば再度編成し直す良い機会ではないかなと。例の消費税廃止と物品税の復活に合わせ、財務省を解体してはどうだろうか。

経産省の下に予算庁を新設。そして内閣府の下に徴税庁を新設して、立ち位置は金融庁と同格とする。あるいは予算庁を大蔵庁としても良いかもしれない。予算庁を経産省の下にってのは、金銭問題は経済前提で考えるべきだとの、あるべき姿に合わせるため。

まぁ、素人考えのネタではあるけど、憲法云々よりももっと切実な話なのかもしれない。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月25日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ふちねこ2(ケーズワークス) 取得」です。

次の記事は「「長年携わってきた」「正義の信念で行っている」「意見を述べるためにあの行動をした」は内容の正当性・確からしさの担保にはならない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31