おひとり様のお客は飲食店にとっては良いお客か否か

| コメント(0)


飲食業界関連の専門筋の方のお話。これはお店の種類によってケースバイケースだし、某シャレオツなコーヒー店のように、一人で端末使って長時間コーヒー一杯で長居できるようなお店では煙たがられるかもしれないけど、普通の飲食店では一人の方が客単価が高くなるとか回転率が上がるってのは非常によくわかる。

ファミレスとかファストフードとかも、二人以上になると会話がメインで食事の時間が長くなったり、食べ終えてもしばらくはおしゃべりをしていることになる。その分お店側にすれば、お客の回転率は落ちる。料理の分け合いとかもすることもあるので、客単価も落ちる。その点、おひとり様ならそのような話は無い。駅そばとかが好業績を上げるのも、高回転率と高客単価だからなんだろう。

見方を変えると、おひとり様がしやすいような店舗形態にすると、高回転率や高客単価を狙えることになる。一人焼肉専門店とかがあると確かに嬉しいな。もともとおひとり様スタイルがメインの業主・提供サービスだけでなく、本来ならば複数による利用の飲食サービスでも、一人で利用できますよ的な提案をすると、新たなビジネスが生まれるかもしれない。

その観点では「持ち帰り」ってのは非常に良いビジネスなんだろうな。何しろ滞在時間はゼロに近しいし、お客が食べた後の片付けなども必要ないからね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月13日 08:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「プログラムの意義と家庭科の授業と」です。

次の記事は「ダ鳥獣ギ画がステキナイスすぎる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31